この格好で避難するのは実に恥ずかしいものである

私はたまにはと思うのです。いきなり災害に見舞われたらどうしようと。災害だけではありません。火事とか窓から強盗が入ったりとか。そんなことが起きたらどうしようかと。
まぁめったにそんなことは起こるはずないんですが人生何が起きるかわかりませんから、もしかしたらそんな被害にあうかもしれません。
自分がいくら気をつけても巻き込まれることはありますからね。
そんな時に思うことは逃げる時にこの格好で逃げることになったらどうしようということです。
家の中でのんびり生きる私は出かけない限り常にスエットで髪もボサボサです。上の下着もつけていません。
そんな状態で外に避難することになったら恥ずかしいという次元ですむ話ではありません。
だからと言って出かけるわけでもないのに常にちゃんとした格好でいるきにもなりません。
こればかりはどうしたものか、私には結論が出ないのです。めんどくさがらずに着替えておけよという話なんですけどね。
とりあえず髪がボサボサなのはなおしておこうかなと思います。