早起きをしたかったけどできなかった。家事を朝やるようにしたらできるようになった。

いつも朝早く起きたいと思っていても、まったく起きられませんでした。今思うと、早く寝ないからだよと思うのですが。
子供が幼稚園に入園したこ頃、子供はまだ自分で自分のことをできるわけもなく、まして時間の管理なんてまったくできやしないのに、朝ぎりぎりに起きて余裕のない私は何も自分でできないはずの子供に「なんでできないの!!」「なんでやらないの!!」とどうしようもなく怒鳴りつけていました。そして、私はぎっくり腰を患い、夜になると疲れが溜まって腰が痛くなりやすくなってしまって、毎日へとへとになっていました。そんなとき、ふと思ったのです。朝に家事をやればいいのかも。。と。今までは、朝子供より1時間くらい早く起きてお弁当を作って、子供を見送って、仕事行って、子供を迎えに行って、買い物行って、家事して、夕飯作って、お風呂入って…といった感じでした。夜に疲れがたまるから、朝元気なうちに家事して、お風呂掃除して、夕飯の下ごしらえしてしまえばいいんだと。そんな時、重ねて早起きをしなければならない状況になったのです。それは、子供の睡眠時間の確保です。8歳くらいまで、10時間睡眠とか必要みたいで、朝起きる時間を考えて逆算すると…。夜は優雅にテレビ見てる時間がないのです。それで腹が据わりました。朝5時前に起き、撮ったドラマを見ながらメイクをする朝の自分タイムを設けて、子供が起きるまでに一通り家事を行ってしまうのです。そうすると、夜の家事の量が減るので腰への負担も軽減され、夜早く寝るせいか朝も早く起きてしまうという好循環になっていきました。夜は相変わらず忙しいですが、朝は余裕をもって行動できるので、精神的にも安定するようになりました。もちろん、腰の状態も。
子供と一緒に布団に入って一緒に寝るのもほんと幸せですし、朝自然と目が覚めておいしい空気を吸えるのも気持ちいいです。余裕をもって身支度もできますし、今はなんだかステキ女子になった気分です。