子供との朝のひと時。ひらがな数字時計の読み方の練習

5歳になる子供と一緒にひらがなや数字、時計の読み方などの練習を毎朝幼稚園に行く前の40分間やっています。
最初は数字が書けること、ひらがなが書けることをメインに遊びながら褒めながらやってきました。
最近は数を数えること、単語を理解しながら書くことを行っています。
だんだん文字を書くことに慣れてきて、書くことも上手になり、もっとレベルの高いことを習得してほしいと
こちらが熱が入ってしまいます。
分かっているようなことでも、どうやってやるの?と言ったり、もうちょっとこうしたらもっときれいに書けるよと
いうと否定されたと思うのか、難しい。と書かなくなることもありますが、毎日続けていくうちに少しずつ上手になっています。
足し算も覚えていてすぐにぱっと答えが出てくるもの、数が大きくなると数えていたり
いろいろ言い訳をしながら、数を数えているのかなぁと思うように、時間が空いて答えが出てきたり見ていて考え深いです。
アルファベットは動画などを見て親しんでいるのか覚えるのも早かったですが、カタカナは少し難しい様子です。
子供に教えながら、日本語はひらがなのような丸い文字のものから、カタカナのようなカクカクした文字まで様々なので
慣れるまでは小さな子供には難しいのかもしれないなと感じています。
時計の読み方も、5分刻みのものまでは読むようになりました。普通の時計だと分文字が書かれていないので
少し難しい様子ですが、教材の分文字を隠してみたりしつつ毎日何度も練習して、少しずつ時計も読めるようになると思っています。キレイモ 9500