テレビニュースを見て、ベトナム国籍の小学3年生、リンちゃん殺害事件の犯人逮捕。

午前中のTBSテレビの報道番組で、千葉県我孫子市の小学3年生女児、ベトナム国籍のリンちゃん殺害事件の容疑者を逮捕、を知った。まずは、突然の逮捕に驚いた。朝の登校時間帯にこの近くを通る車の協力でドライブレコーダーを調査して情報を得る、ところまではニュース等で知っていた。それまでは監視カメラの設置も少なく警察の聞き込みからも不審人物などを見かけたと言う情報も無かった。このまま、何の手掛かりも無いまま時間だけが経過して迷宮入りでは?という心配さえあった。突然の容疑者逮捕に驚いた。そして何よりも驚いたのが、逮捕した男性容疑者の自宅が殺されたリンちゃん一家が暮らす自宅から300メートルほどの距離で、しかも同じ小学校の保護者会の現在の会長である、という事だ。勿論、この容疑者には小学生の子供がいる。子供が安全に登校出来るようにボランティア活動をしている、見守り隊の1員でもあった。恐らくこの男性の逮捕を知った全員が自分の目と耳を疑ったに違いない。この男性は逮捕後の警察での取り調べに対し、黙秘をしているという。黙秘をしていると言うことは、容疑を認めていることになると思う。無実であれば、無実の主張をする筈である。この男が犯人であったならば、小学校に通う子供達のこころのケアと、この男の実の子供を誰かが救ってあげなければならない。理由は分からないが、殺したのはリンちゃんだけでは無い!ということを知って欲しい。キレイモ 無料